COMPANY会社概要
私たちのビジョン
いきいき!わくわく!働ける未来へ
私たちのミッション
組織とひとの生産性を革新する
私たちの価値観(当社Credoの一部抜粋)
1.愚直さ、真摯さ、誠実さを旨とし、あふれる情熱をもって仕事に取り組むこと
2.常に、本質的な課題解決を第一目標とし、積極果敢に挑戦し続けること
3.仲間とともに、サプライズ級の成果を創造し続けること
Greeting代表挨拶

KIZUNA維新元年

本日2018年4月20日をもって、当社は18周年を迎えることができました。 また、創業ベースでいうと20年目に突入したことになります。 今年から新たに「共育事業」を立ち上げ、いままでの「コンサルティング事業」と「マーケティング事業」で培ったノウハウを、より広く、より多くの方々に貢献できるよう、体系化したコンテンツとしてみなさまへご提供して参ります。

私自身においては、この「共育事業」は、残りの生涯を賭ける事業として位置付け、3年半前から準備を進めてきた事業になります。 そのキッカケになりましたのが、とある詐欺事件です。 あまり多くを語らずにここまで来たのですが、昨年末その犯人も逮捕され、一区切りつきましたので、少し個人的な話にもなりますが、触れさせていただきたいと思います。 ときは2014年の秋。それまで取引のあった1社から、上場企業の案件が決まったという本来であれば朗報を受けました。そして、かなりの大規模案件で、その運転資金の調達の相談をうけ、当然のことながら快く協力することに致しました。

しかし、その契約書に捺印されている上場企業の代表印は偽造されたもので、契約そのものが全くの架空案件だったことに後から気付くわけですが、この事件を通じて、会社と私個人の資産だけではなく、大事な友人、そして妻の個人的な資産をも大きく損なうことになってしまいました。

それから1年以上、妻の精神状態もボロボロの中、夫婦の会話はかなり厳しいものがありましたが、なぜか私自身の心は、「明鏡止水」とでも言うのでしょうか。 妙に静かで、冷静に、頭がフル回転してました。

「この経験は、自分に何を語りかけているのか?」
「この経験をした自分は、世の中に何をすべきなのか?」
「この経験をした自分にしか、できないことは何か?」

それと同時に、日々、何とかこの犯人を立ち直らせたい、と考えを巡らせていました。そして、詐欺にあった年の年末差し迫ったある日。お風呂に入っているときに、ふと考えが浮かびました。

「なぜ、私は、その犯人の変容にこだわるのか?」 「人の変化・変容にかかわることは、自分にとって意味のあることなのか?」 「前から、『いつか』教育事業をやりたいと思っていたが、そは『いま』ではいけないのか?」 「むしろ『いま』始めるべきではないのか?」

この「いつか」を「いま」という、ちょっとした発想の転換が、私の中で、大きなパラダイムシフトを起こしました。

今回の経験が自分に語りかけている意味
自分が過去に経験してきたことの意味
自分の人生の意味

この瞬間に、私自身の過去の経験が全て繋がり、1本の光の道が、目の前に伸びていくのを感じたのを今でも明確に覚えています。 そしてこれらの意味が自分の中で明確になり、これから何をすべきなのかがハッキリしました。 それから約3年半掛けて、この準備を進め、今年ようやく「共育事業」として、事業化のスタート地点に辿り着くことができたわけです。そして、

いきいき!わくわく!働ける未来へ

ちなみに、今年お正月早々に全メンバーで集まった年始会議で浮かび上がった今年のテーマは、こちら。

「KIZUNA維新元年」

今年は奇しくも明治維新150周年。 いま時代は、まさに明治維新さながらの大きな大転換点に差し掛かっている、と考えています。 私たちは、これからの新しい時代のことを「自立共創社会」と名付けました。 そして、旧時代型の「指示命令型競争組織」から、新時代に適用した「自立型共創組織」への革新・変革(Re:Design)を図り、「組織とひとの生産性を革新する」こと。 これをミッションに掲げ、今年、心新たにスタート致します。 より社会で必要とされる企業として成長できるよう、そして、より大きな貢献ができるよう、引き続きご指導、ご支援賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

2018年4月20日
株式会社キズナキャスト
代表取締役小林 広治

Profile会社概要
会社名
株式会社キズナキャスト(英名:KIZUNA CAST Inc.)
設立
2000年4月
資本金
10,000万円(2015年3月31日現在)
住所
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-7-13 ネオメット青山3F
連絡先
TEL: 03-6419-2985 FAX: 03-6868-3218
役員
代表取締役小林 広治
取締役宮本 惠造
取締役梅澤 博
監査役川口 豊松
主な事業内容
1.共育事業 〜ひとの生産性革新〜
2.コンサルティング事業 〜組織の生産性革新〜
3.マーケティング事業 〜売る(得る)力の革新〜
4.屋外広告事業
5.通販事業
6.芸能関連事業
7.その他上記に付帯する事業
許認可
・第二種電気通信事業者 [A15-5947]
・17産労商経支第379号「経営革新計画」東京都知事平成17年9月21日承認
主要取引銀行
・三菱東京UFJ銀行
主要取引先(五十音順)
株式会社テレビ東京ミュージック様
株式会社ビーイング様
株式会社日立ドキュメントソリューションズ様
株式会社毎日広告社様
株式会社読売情報開発様
会 社 沿 革
1999年7月
屋号「テクノエイド」として創業開始
個人向けPCサポートサービス事業を開始
2000年4月
「有限会社テクノエイド」として法人化
法人向けITサービス事業を開始
2005年7月
有限会社から株式会社に組織変更
内部留保金にて資本金を1,800万円に増資
2005年8月
株主割当により資本金を3,960万円に増資
2007年6月
株式会社レーサム(証券コード:8890)の関連会社より第三者割当にて資本金8,960万円に増資
社名を「株式会社キズナキャスト」へ変更

本社を新宿区から渋谷区へ移転
デジタルサイネージ事業の開始
2007年9月
西武池袋駅構内にてサイネージメディアKIZUNACAST★池袋を開始
2007年10月
株式会社レーサム(証券コード:8890)の関連会社より第三者割当にて資本金を12,960万円に増資
2008年1月
本社を渋谷区渋谷から千代田区霞が関へ移転
2008年10月
本社を千代田区から新宿区へ移転
営業所を渋谷区渋谷に開設
2008年12月
屋外ビジョン事業を開始
2009年3月
資本金を10,000万円に減資
2009年8月
ダイレクトマーケティング手法を活用したマーケティング事業を開始
2009年12月
高田馬場駅前の「稲門ビジョン」の運営・管理及び販売を開始
2011年3月
インターネット拡散型統合マーケティングコミュニケーション
(IMC:Integrated Marketing Communications)の手法を活用したマーケティング支援を開始
2013年8月
コンサルティング事業を開始
2013年11月
タイ王国にグループ会社KIZUNACAST (THAILAND) CO., LTDを設立
2018年1月
企業研修、セミナー、講演会、勉強会を中心とした共育事業を開始
現在に至る